永遠なんて無いよと 牽制してもいい

でも 僕はね 光ってみたい共に 例え一瞬だけでも

Hush

定期的に、心情の変化や目標を書き出していこうと思う。整理するために、前に進むために。

 

【2016.9】

端的にまとめると、関ジャニ∞とBIGBANG(にょんとり)とセブチ(じょんはん)が大好きで、それぞれに永遠を求めていた。

 

【2017.9】

1年経った2017年9月の今 追加する事柄は増えた

その内容は2016年9月の自分には想像のつかないこととなった

「人はそうそう変わらないけど人の気持ちはすぐに変わる」

先日友人と飲んでいて出た名言(笑)

これからもコロコロコミックサンデー変わっていくのだろうけど

ハニちゃんが私にとって人生最大で最後の恋にはならないかもしらないけど

ハニちゃんは私の心から消えることはない存在であることは確かであると言える

 

1年経った今変更して追記することを箇条書きにすると

・ニョントリはやっぱり滾るけどニョントリ狂ではなくなった

・ビッベン熱は落ち着いた

・ユンジョンハンのことを泣くほど好きになり、終いには自分の中のオタクとしての一線を超え応援することに楽しさよりも苦しみを感じ、気がついたら彼を神様として崇めるようになった

・セブチの先輩ニュイストに今更手を出した(プデュ出の新規)

・ハッシャのソンウンちゃんにメロメロ

・プデュを見た影響で、まだ知らない世界の探求を積極的にしていこうと思った(ケーポ沼に自らズボズボと)

ポケモンかのように増えていく推しドル

・アイドルに求めることが増え、際限のない欲

・このようなよくわからないブログをまとめている暇はない というかもう必要ない なぜなら自分がアイドルオタクであることにもう満足していないから 出来るなら辞めたい 確かじゃない未来を信じて必死こく勇気もない

 

 

さて2018年9月にはどうなっているか

 

【2018.8.16】
変わったこと多々あり。
・ジョンハンからソンウンに担降り。ジョンハンは最後の恋にならなかったけど、確かになかなか簡単に心から消える存在ではない。今はもうジョンハン
を目の前にして「無」になることがほとんどだが、たまに「好き」が蘇ってきて
、その時は『この人のことをもっと好きでいたかったな』と好きを続けられなかった自分に悲しくなる。逆に今でも少し、また『好きを諦められない』と思ってしまうのではないかという恐怖もある。担降りしてから1度そう思うことがあって、苦しかったから。苦しまずに好きでいたかった。ジョンハンとの別れの曲はNell先輩の『멀어지다』。歌詞がまさに。そして私はソンウンちゃんに降りた。降りることができた。この世には魅力的で推し甲斐のあるアイドルが数多いるだろうけど、私の最後の最推しが彼であることを信じていたりする。永遠はないけど約束をまもりたい

 

【2019.1.1】

2017年12月19日、ジョンヒョンさんが亡くなった。私は生前のジョンヒョンさんのことをほぼ知らなかったけれど、私の24年の人生の中で最も衝撃的で、悲しい死だった。アイドルに永遠を求める自分が図々しいと感じ、アイドルに永遠を求めるのは辞めた。

2018年4月15日、すばるくんが関ジャニ∞を離れると告げた。嘘だ…と混乱したのも束の間、私は3分で受け入れた。わかった。わかったよ。と。関ジャニ∞の永遠を疑ったことはなくとも、求めることはもうやめていたからかもしれない。メンバーが生きていることが素晴らしいから。すばるくんが生きる道はそっちだったのだ。私には分からないけれど。受け入れることは出来ても今だに理解は出来ないけれど。6人の関ジャニ∞を笑顔で見つめることが出来る一方で、ふと気が緩むと悲しみに襲われてまだ泣いているけれど。

2018年6月1日、私はジョンハンからソンウンへ半担降りした。そして6月9日、完全に担降りをした。今はもうジョンハンのことを見てもほぼ何も思わない。痛みも恋しさも時間に流された。でも確かに、忘れられない存在ではあるね。ソンウンへ担降りしたことで、幸せになれると思った。けれどもやっぱり病んだ。

 

私にとってアイドルは何なのだろう。

関ジャニ∞は命綱。これは変わらないのかなと思う。正に精神的支柱。

ソンウンはどうだろうか。

 

私は死ぬまでに何をしたいだろうか。

関ジャニ∞をどんな距離からになるかは分からないけれど見続けたい

・家族孝行をしなければならない

 

何だかんだこの2つだなと思った。

もう私には友達が欲しい、恋人が欲しい、結婚したい、子どもが欲しい、という気持ちは無いのだ…あったはずだが、諦めた。

幸せって何だろう?感謝すれば、幸せになれるようだ。わからない。わからない人間だ…

 

この2つだけでは生きていけない。物足りないのだ。幸せはわからない。じゃあもう一つある。幸せの他にも「楽しい」が必要。ああ。楽しいもわからない。

なぜなら孤独なのだ。

でも思い出してみろ。孤独を選んだのは私なのだ。そうだったんだよ。そうだね。でも死にたくはないね。∞と一緒に生きたいから。家族孝行もしなきゃいけないから。その為に生きなければならない。楽しいと幸せを摂取しながら生きたいのに、孤独だからできないね…。

 

と、ここまで書いて。私の本心がこうなのは本当だけど、考えない方が良いと思うんだよね。病んだ時、考えてしまうけど、結局行き着くのはここ。孤独。終わり。話終わりよ。だから病んだらとりま行動!考えない!よくわかんなくても、結局孤独なんだから何かしよう。

今年の大目標『ぐちぐち言ってる暇があったら前に進め!!』

ガチ恋の心中に響く神曲

K-POPのアイドルグループ「SEVENTEEN」に所属しているユン・ジョンハンくんに、私はどうやらガチ恋(リア恋)をしてしまったらしい。

そんなどうしようもない感情を抱く私にどストライクな曲と、諦めるなと前を向かせてくれる曲。

 

①「僕はここにいる」山崎まさよし

https://youtu.be/1ASyySFOA5Q

http://www.kasi-time.com/item-4454.html

私が調べ集めているガチ恋ソングスの中でも最も琴線に触れて胸が締め付けられる曲。真夜中、隅田川の土手沿いに寝転んで夜空をぼんやり見上げながら、心の中にあるありったけの「好き」の気持ちとそれが報われない「切なさ 虚しさ」に酔って泣きながら聴きたい曲。

 

「ため息だけが 静寂に消えていった 帰り道」

ガチ恋してから、そんな毎日の繰り返しだった。あまりにもため息が止まらないから、ため息は何故出るのかをググるhttps://mayonez.jp/topic/4141そのまんま。ストレスが溜まってるんだなと。ああ、ガチ恋がストレスになってるんだなと。


「すべてに君のやさしい微笑みが離れない」

ジョンハンくんって表情管理が素晴らしくて、ライブ中は特にニコニコニコニコしている。この歌詞の通り。やさしい微笑み。それが、離れない。しんどい。なんで、好きな人の微笑みがしんどいんだろう。


「手を伸ばしても届かない場所にいる」

何をもって届いたとするのか、設定するところによるけれど、本当に遠いところにいるんだと思う。本当に。


「うまく君の名を呼べない」

目の前にジョンハンくんが来たとしても、「ジョンハナー!」って呼べる気がしないの。胸がいっぱいで声帯は開かない。でも、もしいつか目の前にジョンハンくんがいたとしたら、勇気を持って声に出したら良いと思う。思いを声にのせよう。折角声帯があるんだから。

 

「せつなくて むなしくて つぶされそうさ」
せつなくてむなしくてむなしくてむなしくてむなしくてむなしくてつぶされそう。170716ソウルコン開演30分前にガチ恋を自覚してから続いている「好き」と「むなしさ」につぶされそうな圧迫感。兎に角むなしい。どうしてもむなしいんだ。


「わかるかい 僕はここいる」

わからないよね 僕がここにいること


「むくわれない束の間の夢ならば
せめて偶然の時だけでも
はかないうたかたの恋ならば
せめて今君の声だけでも」

毎日夢にみた。けど報われる可能性は薄い。せめて偶然でもファンサが欲しいとか思ったりして。

 

いつも幸せじゃなくていい

けどたまに幸せにしてほしい 一瞬でもいいかもしれない

 

せめて…

 

②「君の顔が好きだ」斎藤和義

ハニの顔が好きだ
https://youtu.be/fXwn5lPEBFc

 http://j-lyric.net/artist/a000db4/l006415.html
“一目惚れ”なんてそんな不確かなもの、自分には縁がないものだと確信して生きてきた私が、青天の霹靂、生まれて初めて“一目惚れ”ってやつをジョンハンくんにした。けれど、一目惚れに「根拠」はあるのだろうか、私がジョンハンくんを好きな気持ちは何かの勘違いや思い込みからきているのではないかと、ふとこの「好き」という感情の出所がわからなくなった。自分がジョンハンくんを好きな理由を説明するとして、どんな文章を建て並べても何だかしっくりこない…横山さんやニョントリを好きな理由は、細かい言葉で説明できる気がするのに。一番しっくりくるのは、「一目惚れしたんです」。ジョンハンくんだから好き。ジョンハンくんの全てが好き。それは理屈じゃない、けど理屈がない気がして、第一に私は22年間“一目惚れは不確かなもの”だと思っていたわけだから、この私のジョンハンくんへの「好き」って実は曖昧で弱い感情なんじゃないか、などとちょっとわけがわからなくなってきて、一目惚れって何なんだろうと思っていたのだが、そんな私にとってこの曲は爽快なアンサーだった。そしていつまで経ってもファンはアイドルの性格の全てを知り得ないだろう。それでも好きでいて良いんだ。形ある物を信じるから

 

「僕が僕である事を人に説明する事の無意味さを 君の表情はいつでも教えてくれる 

言葉はいつも遠回り空回り 風に乗って消えちまう 形ある物を僕は信じる」

性格なんて全く知らないけれど初めて見たジョンハンくんの顔が雰囲気が「好きだ」と思った、一瞬だった。形ある物を僕は信じる

 

「むずかしい事はよくわからない でも君がいないとさびしい まぶたを閉じても君だけは映る
君が君であるために僕はいったい何をしてやれるだろう 僕を深く悩ませる君のために…」

何かしたいんだよね 力になりたいんだよね それの答えはわかってるはずなのにね

僕を深く悩ませる君のためにね…

 

ハニの顔が好きだ
ハニの髪が好きだ
性格なんてものは僕の頭で 勝手に作りあげりゃいい

ハニの肩が好きだ
ハニの指が好きだ
形あるものを僕は信じる

ハニの顔が好きだ

ハニの髪が好きだ

朝も昼も夜も切なさに酔って 胸痛めてる自分もいい

ハニの声が好きだ

ハニの顔が好きだ

この瞬間が続く事を…今は祈れない 終わることさえ願う 

でもやっぱりどう足掻こうと

ハニの声が好きで ハニの顔が好きだ

 

③「アイドルに恋をした」mikichu

https://youtu.be/yak6n3N_Jxc

ガチ恋拗らせてる愚かなオタク仲間たちは世界に沢山いるということを思い出して、1人じゃない、とちょっと元気になれる曲

「体が熱くなってる 今日全てが変わってしまった
白状します アイドルに恋をした」

170716、すべてが変わってしまいました 白状します アイドルに恋をした


「叶わないと分かっていながら 何ができるか考えてる 君のこと 頭の中 今80パーセント」

わかっていながら考えてるんだよねアホだよねもう


「軽い気持ちで踏み込んで 落ちて 釣られて」

軽い気持ちでツイッターのTLに流れてきたジスハンの動画見て一目惚れして光の速さで落ちたよね。でも釣られてもねえのにガチ恋したよね。アリーナ席はオタクをガチ恋に変える魔境だよね。


「君は世界で一番の男の子だから 日常に舞い降りた天使なんだ」

うん、ジョンハンくんは自分で「僕はSEVENTEENの天使ジョンハンでーす(^_^)ノ」って言ってるから話が早いよね。こっちが「君は天使だー!」なんて言うまでもないから、うんうん。当たり前体操だから。


「愛を2倍にして返したい こんな僕でも何ができるかな
君のためにこれから生きてゆきたい」

愛(金)を返さなきゃね。こんな僕にできることって社畜になって貢ぐことだよね。ジョンハンくんのためにこれから生きてゆきたいとは、まだ言えない。覚悟ない。

 

「君がどんなことをしたって きっと笑って許しちゃうんだ 世間体 今のとこ20%」

許す許す 甘いよ〜


「馬鹿にしていた領域で今を生きてる」

うん、ジョンハンくんに会うまではガチ恋は無縁だと思ってた。馬鹿にはしてないけどガチ恋してる人を気の毒だなあと思ってた(爆)。ジョンハンくんに一目惚れしたとき、「ガチ恋」の三文字が頭を過って危ねえなとは思ったけど、その嫌な予感的中したよね。気の毒な人になっちった。ははは

 

「その願い叶えたいと思うんだ」

叶えたい

 

「愛を返してなんて言わない 無償の愛を全部あげるよ」

ファンがアイドルに抱く愛に無償の愛なんてあるのだろうか?


「だからたまにウインクでレスしてね」

ほらやっぱり!無償とか言っておきながらレス求めてるじゃん!無償じゃないじゃん!(そして「たまにウインクでレス」を貰うのは非常に難しい案件です。セブチ規模がデカすぎます。)

 

 

ソウルコン3daysを終えて。

ソウルコン3daysを終えて。率直な今の心境を書き殴って整理したい。

ハニちゃんのこと好き過ぎて、しんどくて、もう好きでいるのをやめたいと、そう思った。

私の職場のオタク仲間も、日々苦しんでいる。好き過ぎてどうすれば良いのか。想いの行き場を探し求めている。
ファンサ欲しい、サイン会行きたい、知り合いたい、結婚したい。

アイドルって何じゃ、何なんじゃ。

自分の人生を彩ってくれる一つのツールじゃあないんだよ。

人生の活力だった。

特別環八は、私にとっての現実。
生きている理由。

じゃあセブチって私にとって何なんじゃ。
仮想現実のようだ。
生きている理由って程でもない。
気分が良くて悪い夢だったのかもしれない。


ジョンハンくんのことをこれ以上好きになるのが怖い、そう思っていた不安な予感は的中した。

いつの間にかジョンハンくんに恋をしてしまっていた。

何で私ソウルまで来てるんだろう?

虚しくなった。

私がこれから帰るところはどこなんだろう?

虚しくなった。

もしかしたら、ちょっとペンサをしてもらえたらそれだけで、その思い出だけで一生生きていけるのかもしれない。


①諦めるのか
諦めるというと聞こえは悪いが、現実と向き合うのだ、やっと。アイドルのいない世界で生きていく

②もがくのか
アイドルのいる世界に留まる。成仏するまで、苦しくても耐え抜いて踏ん張って追い求め続ける

③茶の間ファンになるのか
適度に、適当に

④無償の愛を志すか
アイドルに対する無償の愛なんてものが存在するのだろうか


何で私ジョンハンくんのこと好きなんだろう

話したこともないのに恋ってできるんだろうか

何かこう理屈じゃなくて 今までにはない感覚で

一目惚れはアイドルに対しても恋なんだろうか

アイドルに恋しちゃったんだろうか

一度も優しくされたことはない。

あの優しさが忘れられなくて、なんてもの何もない

他の人に向ける微笑みを見るだけでチクッと痛みがする。

もし一度だけでも微笑んでくれたらその思い出だけで一生生きていけるかもしれない。

でもまだそんな思い出、ないから、ないまま、私はあなたのことを忘れて
リスタートしたいなっていう気持ちもあって。
好きなのに別れるのって涙が出てくるもんだなあ。
あなたの美しい姿
同じ人間とは思えない
私にとってはこの宇宙の何よりもきっと美しい存在
ちょっとは汚いとこも見せてくれれば良いのに
その姿を少しずつ、少しずつ、忘れていけたら良いなあ。
こんな自分に酔ってるんじゃあない。
結構本気で。
これからイルデするだろうね。
ますます人気が出るだろうね。
いつか渋谷を歩いていたら、ふとセブチの看板が目に入って、大きくなったなあ、って。応援できなかった自分を悔やむかな。ますます美しくなるジョンハンくんの経過を見ないまま、私も歳をとって、ハニちゃんのことなんて思い出さなくなるかなあ。

ハニちゃんのいない人生、他に何かきっと楽しいことが見つけられるように。夢は夢のままにして、現実を生きる。
でもそんな勇気もない

それとも。
あの子のように、稼いで、積んで、認知してもらう。ことを黙々と頑張れるだろうか。

誰かのように。必死もがいて、同じステージに立つことを目指すだろうか。


どっちにしろ、何にしろ、涙なしにはいけない。どの道も苦しい。あなたを追いかけるのも、忘れるのも、苦しい。今の私にはそのどちらかしか選択がない。
もとめないというその生き方が今だにわからないから。
欲深いのだ 底知れない

一度きりの人生、あなたを忘れてリスタートをきるのか
死ぬまであなたを追い求めるのか

今選択の時
ハンドルを切るとき
目の前には二つの分かれ道

多分これは戻れない